トップページ > スタッフコラム > スタッフ > マイホームか、賃貸か。あなたの考えはどっち?

スタッフコラム

2022.08.03

マイホームか、賃貸か。あなたの考えはどっち?

みなさんこんにちは!

メグリア不動産です

本日は永遠の課題?

マイホームで暮らす!か、賃貸で暮らす!かという話題です

近年、動画サイトなんかでも取り上げられていて

個人によって様々な見解がありますね

今回はそんな話題をお話させていただきますね!

 

 

★賃貸のメリット

○初期費用が安く済む

○ライフスタイルの変化や収入の変化などにも柔軟に対応性できる

→マイホームよりも引っ越しが安易なので環境や

間取りなど家族に合わせて変更できます。

○修繕費や改修費、固定資産税などは不要

★賃貸のデメリット

○老後も一生家賃や更新料などが必要

○どれだけ払っても自分のものにはならない

○マイホーム(分譲含む)より住宅性能が劣る事が多い

 

★マイホームのメリット

○住居費の総額という点では賃貸より安く済む傾向がある

○スペックや住心地は賃貸よりも遥かに良い

○資産となる

○建設後もリフォームが自由で、住心地を高められる

○ローン完済後は経済的負担が軽くなる

★マイホームのデメリット

○住宅ローンを借りる不安と負担

○引っ越しなどがすぐにはできない

○収入が変化した場合に対応しにくい

 

 

生涯コストでの比較

50年間住むと・・・という場合の概算例です。

マイホームの場合は毎月12万円を(金利1.25%)で返済期間を35年。

賃貸は家賃12万円で2年に1回更新料が発生しています。

コスト 一戸建て コスト 賃貸一戸建て
物件価格 4,080万円 家賃 7,200万円
ローン利息 960万円 更新料 300万円
住宅ローン減税 -400万円 管理費 0万円
購入時諸費用 120万円 駐車場代 0万円
管理費 0万円    
修繕積立/修繕費用 600万円    
駐車場代 0万円    
室内リフォーム費用 200万円    
固定資産税 350万円    
合計 5,910万円 合計 7,500万円

参照(https://o-uccino.com/front/articles/47374#賃貸、持ち家の何を比較する?)

比較すると一目瞭然ですね!

賃貸には修繕費や固定資産税がかかりませんが、老後も引っ越しをしない限り

家賃は減ることはありません。

また引越しする場合はその費用や敷金、礼金などもプラスされます。

 

そしてマイホームの方はその他にも受けられる税制制度や、地方独自の施策が

対象となる場合があります。

※今回は記載していませんが、マンション(所持、賃貸共に)の方は駐車場代や

管理費などが必要になってくるので、割高になる傾向があります。

 

 

資産価値について

れてはいけないのが、コストだけではなく手元に残る資産価値についてです。

もちろん資産価値はマイホームにしか付きません。

不動産の資産価値は需要がある限り、売却は可能です。

 

■まとめ

賃貸にもマイホームにも様々なメリットがあります。

またマイホームにも簡単とは言い難いハードルがあることも周知の事実です。

しかし結婚した!子どもが生まれた!などのライフイベントごとに、

理想とするお家も変わってきます。

では今の家賃並みで建てられるマイホームを提供しています。

記事を読んでいただいた方はお分かりかと思うのですが

賃貸に住み続けるよりお得になること間違いなしです!

ローン審査や収入に不安がある・・・なんて方も大丈夫!

ぜひ一緒に夢のマイホームづくり、始めましょう

 

  • お近くのモデルハウスを探す!建売情報はこちら
  • まずはお家でゆっくり知りたい!カタログ・資料請求